宅食便 冷凍

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

冷凍の宅食便はまずい?

「宅食便」というのは、食事を配達してくれるサービスのことです。買い物や食事の支度が困難な高齢者や、健康的にダイエットをしたい人、糖尿病や高血圧などで食事制限が必要な人など、幅広い人たちに「宅食便」は利用されています。宅食便には、主に「調理済みのお弁当やおかず」「レシピ付きのカット済み食材」の2種類があります。用途によって使い分けることができます。どちらにもそれぞれ魅力はありますが、ここでは「冷凍で届く宅食便」についてお話ししたいと思います。

 

冷凍の宅食便の魅力

 

冷凍の宅食便の魅力とは、いったい何なのでしょうか。それは、何といっても「好きなときに食べられる」という便利さでしょう。冷凍だとある程度は保存がききますので、冷凍庫の空きスペースさえあれば保存が可能です。宅食便を頼む人も、「毎日食べる」人ばかりではありません。冷蔵だと長くても2〜3日以内に食べなければなりませんが、冷凍ならその心配もありませんよね。食べたいときに食べたい分だけ、レンジで温めるだけで良いのはとても手軽です。

 

おすすめの冷凍宅食便

 

冷凍で届く宅食便、お弁当やおかずを提供しているところはたくさんあります。その中でも、「味」にとことんこだわって作られているのが「わんまいる」です。
わんまいるは、作ったあと急速冷凍しているため、合成保存料などは使われていません。おかずによって「解凍方法を変える」という、他の宅食便にはない特徴を持っています。これは、お弁当やおかずを「おいしく」食べるための工夫なのです。すべてがレンジで温めるというわけではないので、若干面倒に感じる人もいるかもしれませんが、その分おいしく食べることができます。冷凍とは思えないような味だと絶賛している人も多いようです。

 

医療専門の管理栄養士の監修のもとで作られていますので、栄養バランスや健康への配慮もバッチリです。1食あたり約580円というリーズナブルな価格も、気軽に使えるポイントとなるでしょう。

 

わんまいるの口コミ・評判はこちら

 

次のページでは、口コミで人気の宅食サービスランキングをご紹介します!