宅食サービス セブンイレブン

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

セブンイレブンの宅食サービスはどう?

「宅食サービス」が人気になるにつれ、今ではたくさんの企業が「宅食サービス」を展開するようになりました。大手コンビニチェーンの「セブンイレブン」も、例外ではありません。数ある宅食サービスの中でも、セブンイレブンの宅食「セブンミール」とはどのような宅食サービスなのでしょうか。

 

セブンイレブンの宅食サービスとは

 

大手コンビニにセブンイレブンが展開している宅食サービスは、「セブンミール」と呼ばれています。ここでは、セブンイレブンの宅食サービスの、具体的な特徴をご紹介しましょう。

 

セブンイレブンの宅食サービスでは、「1日分」または「1週間分」のお弁当やおかずを注文することができます。500円以上で送料無料なので、宅食サービスを頼めばほぼ確実に送料は無料ということになります。

 

配達は毎日行われ、最近話題の「高齢者の見守りサービス」も併用していますよ。そのため、ひとり暮らしの高齢者の人からの利用も多いです。

 

セブンイレブンの宅食サービスの内容

 

セブンイレブンの宅食は、主に4つの種類があります。「日替わり弁当」は平均カロリー560キロカロリー、塩分摂取量は2.7グラム以下となっています。

 

「すこやか膳」、は野菜を120グラム以上使った和食中心のメニューです。カロリーは300キロカロリー以下、塩分摂取量は2.5グラム以下です。和食中心のメニューなので、高齢者にはもっとも人気のあるものとなっていますね。

 

他にも「ぜいたく御膳」や、おかずのみの「はなやか膳」など全部で4つのラインナップの中から好きなものを選ぶことができますよ。値段も600円以下と安いので、気軽に利用することができるのも「セブンイレブン」の宅食サービスの魅力と言えそうです。

 

もちろんセブンイレブンの宅食サービスが良くないということはありません。しかし、若い人には「物足りない」と感じてしまうことも少なくないようです。そして、食事制限が必要な人向けのコースというのが特別あるわけではありません。

 

「すこやか膳」はカロリーや塩分が少なめではありますが、他の宅食サービスのように管理栄養士の管轄で作られているわけではないのです。宅食に「便利さ」だけを求めるのなら良いのですが、「健康」も求めるのなら、セブンイレブンだけでなく他の宅食サービスとも比較してみると良いと思います。

 

次のページでは、口コミで人気の宅食サービスランキングをご紹介します!