宅食サービス 介護保険

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

宅食サービスは「介護保険」の対象外?

宅食サービスというのは、食事を自宅まで届けてくれるサービスのことです。利用者は年々増加していて、近年更に急上昇していると言ってもいいでしょう。それは、食事を作ることが困難な高齢者や、仕事で忙しい共働きの家庭、更には晩婚化が進んだことにより、ひとり暮らしの男性が増えたことも「宅食サービスの利用者が増えた」理由として考えられます。

 

さて、仕事をしている人は40歳になると「介護保険料」というのを払うことになります。これは、将来介護が必要になったときのためのものですが、「宅食サービス」は介護保険の対象になるのでしょうか?

 

宅食サービスは「介護保険」の対象外

 

たとえ介護の認定を受けていても、「宅食サービス」は介護保険の対象とはなりません。しかし、地域によっては「市町村」「社会福祉協議会」「ボランティア団体」などによって宅食サービスが行われることもあります。対象者や使用できる回数、値段などは地域によって異なりますので、詳しくはお住まいの市町村に確認してみてください。

 

このような地域主催の宅食サービスが受けられる人というのはかなり限られていますし、「美味しさ」や「便利さ」を考えると、これらのサービスにこだわらなくても良いのかな?とも思います。

 

おすすめは「タイヘイのソフト御膳」

 

高齢者向けの「やわらか食」を提供している民間の宅食サービスはたくさんあります。味や便利さを求めるのなら、このような民間の宅食サービスを積極的に利用してみましょう。

 

おすすめは「タイヘイ」の「ソフト御膳」という冷凍のおかずです。かむ力の弱まってきた高齢者向けの「やわらか食」となっています。肉や魚の風味は残し、なおかつスプーンで潰せる固さに作られています。

 

メニューは、やわらか食A、B、ムース食A、Bの4つのコースから選べます。タイヘイのムース食は、ユニバーナルデザインフード区分3認定を受けた、品質の証明された宅食なんですよ!

 

値段も2食1セットで1150円と、非常にリーズナブルになっています。冷凍なので、必要なときに必要な分だけ解凍すれば良いのも、高齢者には嬉しいポイントなのではないでしょうか。

 

タイヘイファミリーセットの詳細はこちら