高齢者 食事 栄養

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

高齢者の食事〜低栄養問題とは?

高齢者の食事は、どうしても栄養などが偏りがちです。それはなぜなのでしょうか。一言でいうなら、食べられるものが限られてしまうからです。固いもの、肉、野菜、食物繊維の豊富なもの…。噛みきれないものを食べなくなるため、当然栄養も偏ってしまいますよね。

 

高齢者の低栄養とは?

高齢者の食事と栄養の問題点として、「低栄養」があげられます。低栄養というのは、エネルギーやタンパク質が欠乏してしまう状態のことをいいます。食事の量そのものが少なくなったり、肥満などを気にしてカロリーを抑えることが低栄養につながると言われています。

 

低栄養の状態は、高齢者にとっては肥満よりも恐ろしいことなんですよ。免疫が落ちて病気になりやすくなりますし、それをきっかけに要介護状態になってしまうこともあるのです。

 

70歳以上の男性が1日に必要なエネルギーは2,200kcal、タンパク質は60gで、女性は1,750kcal、50gです。できるだけこの数字を目安に食事がとれるといいですね。

 

やわらかダイニングなら栄養満点?

やわらか食専門の宅食「やわらかダイニング」をご存じですか?やわらかダイニングでは、高齢者を対象にした3つのコースを用意しています。管理栄養士の監修のもとにメニューは作られていますので、1日に必要な栄養の3分の1をお弁当1つで摂ることができますよ。

 

高齢者の問題となっている低栄養になる心配もありません。自己調理では固くて食べられない肉なども、美味しさはそのままにやわらかく調理してあるので嬉しいですね。普段は食べられないものも食べられるというのは、食事の喜びを感じられる瞬間ですよね。

 

栄養面までしっかりと計算して食事の支度をすることは、簡単なことではありません。特に高齢者同士の夫婦やひとり暮らしの場合は、なおさらでしょう。買い物へ行くのも億劫で、つい「やわらかく炊いたごはんと味噌汁だけ」などで済ましてしまっていませんか?

 

低栄養になる前に、宅食「やわらかダイニング」の利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

やわらかダイニングの口コミ・評判はこちら