高齢者 食事 注意点

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

手遅れになる前に!高齢者の食事の注意点とは?

食事は、一部反射も含まれますが、口に食べ物を運んで歯を使って噛み、食べ物を飲み込みやすい塊にしてスムーズに食道へと導くことです。あまり意識して行ったことなどないでしょう。ふつうは、特に何も考えずにこの一連の流れを行っているのです。

 

しかし、高齢者の場合は少し違います。歯や顎の力が衰え、咀嚼の力が弱くなります。それにより、食べにくい食材も増えてくるのではないでしょうか。肉や野菜などの噛みきりにくいものや、ボソボソ、パサパサとしたものは避けるようになってきます。食べにくい食材を避けていくと、当然いつも同じようなメニューになってしまいますね。

 

高齢になればなるほど食事の準備や片付けも面倒になりますし、いつも簡単な食事ばかりになっていませんか?

 

高齢者は誤嚥に注意

誤嚥というのは、食べ物が食道ではなく気管に入ってしまうことです。むせたり咳き込んだりというのが、高齢者にはよくありますよね。もしも介護をしている人は、気を付けなければなりません。

 

誤嚥を防ぐためには、その人にふさわしいやわらかさの食事を用意する必要があります。かむ力が弱いのに、固いものを与えていたら食べられるはずはありません。やわらかい食事と一言で言うのは簡単ですが、毎日やわらかい食事を続けるのは大変なことです。いつもの食事にひと手間加えなければならないのですから。

 

やわらかダイニングはやわらかさ専門の宅食サービス

そんな高齢者の誤嚥を防ぐため、やわらかい食事を探しているのなら、ぜひ「やわらかダイニング」という宅食を利用してみてください。やわらかダイニングは、ウェルネスダイニングが運営する宅食サービスで、高齢者向きのやわらか食を専門に扱っています。3つのやわらかさから選ぶことができますので、自分にぴったりのものがすぐに見つかると思います。ムース食もありますので、咀嚼力がかなり弱くなっている人でも安心ですね。

 

高齢者の場合、たった一度の誤嚥が命取りになることもあります。自分に合ったやわらかさの食事をとることは、とても大切なことだと言えるでしょう。

 

やわらかダイニングの口コミ・評判はこちら