高齢者 食事 介助

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

ここだけは気をつけよう!高齢者の食事の介助ポイント

介護とまではいかなくても、食事をするのに介助が必要となる高齢者もいます。箸やスプーンをうまく使えずにこぼしてしまったり、飲み込むときに失敗してしまうこともあるでしょう。このような高齢者は、1人で食事をすることは難しいと言わざるをえません。やはり介助が必要となります。

 

高齢者の食事介助のポイント

高齢者は、唾液が少ないためむせやすくなります。そのため、食事の介助をするときは、最初に水を飲ませることを忘れずに。口の中を潤わせておくことで、むせることはかなり減らすことができますよ。

 

また、食事をするときの姿勢も重要です。寝たきりの高齢者もいるかもしれませんが、可能なら体を起こして座った姿勢で介助を行いましょう。重心を若干前にし、顔をうつむき加減にするとスムーズな食事の介助ができると思います。もちろん、何かの動作をするときは声かけをすることも忘れずに。

 

飲み込みやすいものを用意する

食事の介助が必要な高齢者は、十中八九私たちが普段食べているような固さの食事はできません。肉や野菜を噛みきるという行為は、高齢者にはかなり難易度の高いものだといえます。

 

そのため、食事の介助をするときには「その人が飲み込みやすいもの」を用意する必要があるのです。自宅での介助の場合、毎回このような食事を用意するのはとても大変ですよね。せっかく作っても、場合によっては食べてもらえないこともあるかもしれません。なんだかガッカリして、一気に疲れてしまいますね。

 

食事の介助は回りが思う以上に大変なことなので、無理をせずに時には宅食を利用してみましょう。やわらかダイニングという宅食なら、箸ですっと切れる「かなりやわらか」コースや、スプーンで潰せる「ムースやわらか」コースも用意されています。高齢者の飲み込みやすいやわらかさの食事を用意してあげることは、高齢者が「食事を楽しむ」ことにもつながるのではないでしょうか。

 

やわらかダイニングの口コミ・評判はこちら