老人 食欲不振

↓【おいしさで選ぶなら!】当サイト売り上げ人気No.1の宅食サービスはこちら↓

老人が食欲不振になる原因と対策とは?高齢者によくある問題

年齢を重ねると、だんだんと食が細くなってくる人もいます。若い頃と比べれば当然食べる量は減るものですが、中には極端に食欲がなくなってしまう人もいるでしょう。

 

老人の食欲不振は当たり前といえば当たり前ではありますが、そもそも、なぜ老人は食欲不振になってしまうのでしょうか。

 

老人の食欲不振の原因とは?

老人が食欲不振になる原因は、1つだけとは限りません。いくつかの要因が重なって食欲不振を引き起こしているということもあります。多くの食欲不振の原因は、

  • 空腹を感じにくくなる
  • 食事を楽しめなくなっている

 

などがあります。

 

歳とともに空腹を感じる中枢神経が衰えてくるため、「おなかがすいた」と感じることが少なくなるのが1つめの原因。そして2つめの原因は、何らかの理由によって食事を楽しめなくなっていることが挙げられます。

 

たとえば入れ歯が合わずに食事が噛みにくい、ひとりきりの食事でつまらない、など。このような理由で食欲不振になってしまう老人は、意外とたくさんいるんですよ。

 

老人の食欲不振の対策は?

では、老人の食欲不振の対策にはどのような方法があるのでしょうか。まずは見た目を変えてみましょう。最近、3Dプリンタを利用してソフト食やミキサー食を普通食に見せる技術なども注目されていますよね。見た目が鮮やかになれば、自然と食欲も湧いてくるものですよ。

 

また、いつもと違う食事にしてみたり、誰かと一緒に食べるのもおすすめ。やわらかダイニングという宅食のお弁当は、老人向けのやわらかメニューばかりを取り揃えています。いつも同じようなやわらかメニューも、宅食を利用すれば色鮮やかな食事に早変わりしちゃいます。見た目も味も美味しいので、食欲不振の老人も「ちょっと食べてみようかな?」と箸が進むのではないでしょうか。

 

このように、時には宅食を利用してみるのはかなりおすすめだといえます。食べられなくなると低栄養状態になってしまったり、要介護になってしまう可能性もあります。「食事は楽しい」ということを、老人に思い出させてあげることが大切なんですよ。

 

やわらかダイニングの口コミ・評判はこちら